2006年12月25日

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)の著者、佐々木俊尚(ささきとしひさ)さんのネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するかが最近出たので早速読みました。

民主化、アナキー化、覇権化
法政大学の広瀬克哉教授が提言する、情報革命が社会に与える三つのシナリオ。

民主化 - 新たな秩序の誕生
新たな技術やネットワークによって、コミュニティや統治の仕組みが再編され、あらたな基盤を持った社会が生まれる。
アナキー化
リアル社会が解体された結果、社会の基盤は失われ、秩序は崩壊していく。
覇権化
政府や大企業が巨大なパワーによって新技術を内部へと取り込み、みずからの覇権を復活させる可能性がある。

ネットとリアルの衝突をWinnyという象徴的なP2Pソフトを中心に追いかけていくわけですが、TRONやオープンソース、iPodなどの話題も歴史的な経緯で詳しくまとめられています。ネットとリアルの関係が今後どうなっていくのか、本当のところは誰にも分からないと思いますが、将来を占う上でなかなか興味深い内容ではないでしょうか。

ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するかネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか

佐々木 俊尚 文藝春秋 (2006-12)
ランキング:544位
ASIN:4166605461
JAN:9784166605460
価格:¥ 840
通常2~3日以内に発送

Amazonで詳細を見る 楽天ブックスで詳細を見る BK1で詳細を見る

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(たんきゅうラボ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form

Search


Category Archives